本文へスキップ

TAMALAS一括処理システム

検索システムロゴ

TAMALAS一括処理システム


「多摩地域公共図書館蔵書確認システム(通称:TAMALAS)」は、多摩地域図書館の図書の所蔵状況を検索するシステムです。システムは多摩デポと(株)カーリル(代表:吉本龍司氏)との共同研究の成果で、多摩地域全体の図書館で所蔵冊数が残り2冊 以下となったISBNがある資料を効果的に検索するために開発したものです。
 「一括処理システム」ではISBNをキーとしてエクセルデータでの大量処理が可能です。多摩地域公立図書館が登録制で利用できます。

カーリルのTAMALAS一括処理システム サイトはこちらから(外部サイトへ移動します)

登録・利用方法
  • 登録は自治体単位です。 利用は無料です。
  • ID及びとパスワードは、中心図書館に発行しますが、地区図書館を含めた複数の図書館に対して個別に発行することもできます。
  • 利用申請書(様式第1)を事務局宛にメールでご提出ください。 
  • 利用承認書(様式第2)とID、パスワードを受け取った時点から随時利用できます。
  • 利用中止を申請する場合は、利用中止届 (様式第3)を事務局宛にメールでご提出ください。
 
提供したID及びパスワードでシステムにログインできないなど、システムに利用に不都合が生じた場合には、下記のメールアドレスにお問い合わせください。事務局、あるいはカーリルの担当者からご連絡をいたします。
TAMALAS問合せメールはこちらから 


多摩地域公共図書館蔵書確認システム一括処理システム利用申請の手引き 106KB

TAMALAS一括処理システム利用規定 185KB

「多摩地域公共図書館蔵書確認システム一括処理システム」活用マニュアル  598KB



多摩地域公共図書館蔵書確認システムとは

 「多摩地域公共図書館蔵書確認システム(通称はTAMALAS)」は、多摩地域図書館(都立・市町図書館)の図書の所蔵状況を検索するシステムです。
 このシステムは(株)カーリル(代表:吉本龍司氏)との共同研究の成果で、多摩地域全体の図書館で所蔵冊数が残り2冊 以下となったISBNがある資料を効果的に検索するために開発されたものです。
「TAMALAS個別処理システム」と「TAMALAS一括処理システム」で構成されています。
「TAMALAS個別処理システム」は、該当資料のISBNを一冊ごとに入力し、検索結果を瞬時に画面表示するシステムです。
「TAMALAS一括処理システム」は、大量の資料を一括して検索し、その結果を帳票に出力するシステムです。東京都多摩地域市町村立図書館を利用対象とし、事前登録制です

ご利用になっての感想や意見、質問や疑問などをぜひお寄せ下さい。 具体的なご意見をいただくことで、図書館現場で実際に使っていただけるシステムに改良をしていきます。
ご意見は多摩デポへお願いいたします。
メールはこちらから

経過

共同研究報告


2014年
5月  総会にて2014年度の多摩デポ事業計画として、共同保存図書館の準備作業として多摩地域で最後の2冊に該当する資料のデータベース化を提案
10月29日 (株)カーリル(代表:吉本龍司氏)と共同研究に関する協定を締結
共同研究の内容と研究成果の活用として、主な内容は以下のとおりです。
(1)公共図書館における資料の検索と同定、保存のための新たな技術の開発
(2)その他、新たな図書館サービスに関わる研究
(3)研究の成果を活用して図書館支援を行うこと
当面は多摩地域が所蔵するISBN付き資料で最後の2冊になっている資料のデータベース化を進める方針として、これ以後、月1回のペースで運用会議を持つ。

2015年
3月3日  経済産業省主催、日本情報経済社会推進協会募集の「オープンデータ・ビジネス・コンペティション」に応募 最終10候補作に残る。
4月23日 東京都市町村立図書館長協議会プロジェクトで説明
5月17日  総会 吉本龍司氏 記念講演:ビッグデータで見えてくる多摩地域図書館 ―多摩地域の図書館の蔵書データを斬新な方法で有効活用します  
7月15日  東京都市町村立図書館長協議会にて説明会
 
2018年7月10日 東京都市町村立図書館長協議会で説明。運用開始。


関係資料

NPO法人 共同保存図書館・多摩 



〒182-0011
調布市深大寺北町1-31-18

FAX 042-484-3945
メールのマーク
メール問い合わせはこちら


郵便振替口座
NPO法人共同保存図書館・多摩
トクヒ)キョウト゛ウホソ゛ントショカンタマ
00180-5-726583

calil.htmlへのリンク

calil.htmlへのリンク